2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人のお誘いで先日、ドキュメンタリー映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」を見てきました。
映画の後には出演者、山元加津子さん(かっこちゃん)の講演会。
特別支援学校教諭で何冊もの本を出されている作家さんです。
また「宇宙の約束」という映画にも出演されています。

華奢な女性で、お話は穏やかで明るく、なんでもないことのように話されていましたが、彼女の体験してきたことは、それはそれは壮絶でした。
大切なご友人がある日突然脳幹出血で倒れ、医師に「もう助かりません。あと三時間の命です」と告げられたところからの復活。(おはなしだいすきHP
信じる力。
奇跡の回復。

でも山元さんは「奇跡なんかじゃなんです。皆さん知らないだけなんです。だから知ってもらいたい」と。


彼女は“白雪姫プロジェクト”を立ち上げていらっしゃいます。

白雪姫プロジェクトとは・・・・・・・・・・

病気や事故のために、意識が無く、回復の見込みが少ないと思われてきた「植物状態」と言われる人たちが世界に何十万人もいるといわれています。 その方たちは、これまで、ベッドで長い間寝たままの生活を送ってこられました。

けれど、意識を取り戻し、食べる、思いを伝えるなどの生活行動を取り戻すための方法があることがわかってきました。

白雪姫プロジェクトは、回復の方法や、それにつながる意思伝達の方法、口から食事をとること、リハビリの方法、介護の方法などの情報を集め広めるプロジェクトです。

私たちは、「誰もが思いを持っていて、回復する可能性がある」ということが当たり前になっていく世界をめざします。

白雪姫は王子さまの愛によって、目覚めることができました。白雪姫プロジェクトはそんな愛でいっぱいのプロジェクトです。
 (HPより転載)

プロジェクトには大学教授や医師の方々も参加されています。

2012/12/08には広島で『白雪姫プロジェクト1,000人大会』も開かれます。
ドキュメンタリー映画『僕のうしろに道はできる ~奇跡が奇跡でなくなる日に向かって~』の初上映、
山元加津子さん&紙屋克子さんの講演会。
ぜひ、参加なさってください。
勇気と希望を与えられます。


お恥ずかしながら「今まで私は山元さんのご活動を知りませんでした。私にも何かできることはありませんか?」とお尋ねしました。
山元さんは真剣な瞳で
「メルマガを読んでみてください」
と仰いました。

まずは知ることから。
こちらでメルマガ登録=プロジェクト参加できます)

携帯からは空メールを送れば登録できます。a0001012961@mobile.mag2.com
このメルマガは脳幹出血で倒れ、これまでの医学の常識では再起不能と思われていた
宮ぷーの病院での毎日を、親友の山元加津子が綴った日記からその一部を配信してい
ます。紆余曲折があり、今は宮ぷーの願いは自分の経験を通して意思伝達装置のこと
をみんなにお知らせすること。その願いの実現に近づくようにこのメルマガを広める
ことにお力を貸して下さい。お友達に転送お願いします。
詳しいことは、こちらのページをお読みください。



山元さん(かっちゃん)からのメッセージに心打たれたので、ここでシェアさせていただきますね。

やさしいことは 何より強い




スポンサーサイト

原発の危険性について、こんなに明確に指摘している映画があったなんて、知りませんでした。

原発なくても電気は足りるって、もう何年も昔から言われ続けてましたよねぇ。
東電、発電実績データを密かにHPから削除

毎日新聞の「福島第1原子力発電所周辺の累積線量結果」のデータと、福島大学のデータとを比較しています。また、今回のような「爆発」ケースでの瞬間値の意味あいにも言及。
サルでもわかる、『誤魔化し累積線量』

まき散らされた放射性物質からどうやって身を守るか。
食品の放射性セシウムを減らすためのアドバイス

グロッギは、独特な香りと味がクセになるフィンランドのホットドリンク。
本来は赤ワインで作るものらしいですが、こちらではアルコールフリーのレシピをご紹介~。
作り方は簡単!

【ノンアルコールタイプ】

果汁100%クランベリージュース(叉はりんごジュース)500ml
シナモンスティック1本、クローブ6本、ローリエ1枚、カルダモン小さじ1/2
を鍋に入れ、沸いてきたら蓋をし、弱火で10分程煮ます。
生姜をひとかけ入れるとさらに温まります。

乾燥レーズン、アーモンドをトッピングして召し上がれ♪
レモンの輪切りや乾燥りんごを小さく切ったものを添えてもいいでしょう。
みかんなど、柑橘類のジュース(参考1)でも美味しくいただけますよ。

寒~ぃ冬のお楽しみにどうぞ。


参考1
医学的メカニズムは検証の途上にあるそうですが、アルツハイマー型痴呆はアルミニウムの過剰摂取が原因であると疫学的には警鐘を鳴らされています。
(脳には重金属が溜まりやすい)
エドガー・ケイシーの本によると「ホットオレンジが良い」のだそうです。

明けましておめでとうございます

皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
良いことが沢山ありますように……

本年もどうぞよろしくお願い致します。


新年2日目、ご近所にさし上げるクッキーを焼きました。
人参と生姜入りのウサギさんクッキーです。
野菜の繊維が抜き型からはみ出して"ぽしょぽしょ"しています。


子供達は夕食にスパゲティーを作りました。
「お節料理に飽きた」のだそうです(笑)


食後のデザートのカボチャクッキー。
クッキーというよりパンのような食べ応えがありました。
ほんのりとした塩味が美味しかったです。

以前ある方に自分の置かれている状況を相談したことがある。
10年以上前から思い悩んでいる人間関係のことだった。
その方は私の話を黙って聞いて下さった後に、一言おっしゃった。
「あなたは人格を否定されているんですよ? 分かっていないんですか?」
そう言われても、すぐにはその意味が理解できずにいた。けれど、やや時間をおいてその言葉が、押さえつけて蓋をして、あえて感じないないようにしていた、恐ろしく深い心の傷を見せてくれたのだった。
傷口を見ないこと、
痛みを感じないようにすることだけが、
私が自分を守る術だった。

戦うのは嫌。
傷つけあうのは嫌。

でも逃げていれば自分は傷つけられ痛めつけられるばかり。
自分ばかりか、自分の大切にしている者までもが、傷を負うことに気がついた。
自分の力で守らければ、誰も自分を守ってくれないのだと、
やっと、目を塞いでいた手を外した。

今、私がとっている手段は正しいとは言えないかもしれない。
相手を非難せず、憎まずにいるのは難しい。
自分が傷つくのを恐れて牙をむいている自分が、惨めになる。

どうすれば強くなれるのだろう。
自分自身をも焼き尽くす、浄化の火になりたい。

--------------------------------------------------------
お友達のミサブレさんのブログに、気になる言葉が出てきていた。

ご縁があって、湊晶子さん(元東京女子大学学長)の著作「女性を生きる」を読んでいます。(中略)
その中で、「人格」という言葉が出て来ました。湊氏によると、人格という言葉はキリスト教の概念から生まれた言葉だそうです。そして、正しい人格形成は座標軸のある人格形成といえましょう、と述べておられます。人間という言葉は、「人の間、すなわち横の関係を表した表現」であり、人格というと、「人と人との横の関係をまず縦の関係から捉え直したということができる」そうであります。横の関係を横軸、縦の関係を縦軸と考えるなら、「縦軸というのは、天地創造の神と私を結ぶ縦の関係」という事だそうです。そして「人格形成とは縦軸(神と自分との関係)と横軸(人と自分との関係)において形成される自己ということができましょう。」と書いておられます。


縦の糸と横の糸が織り成すものの不思議。
必要な時に、必要なものが差し出される。
この気づきに、感謝を捧げたい。

古い自分の殻を脱ぎ捨てて、どう変容するか。
美しい蝶になるか? 蛹のまま終わるか?
選ぶのは自分自身だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。