2006 / 09
≪ 2006 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2006 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月もそろそろ終わろうとしていますが、我が家のカブトムシは健気に生きています。
どんな小さないのちでも、生きている姿は美しいなあと思います。

生き残りのカブトムシ君は、たまにひっくり返って動かなくなります。
心配しながらそっと触ると
「あいあい」と足を動かします。
よかった。まだ生きてる。

流石に飛ぶ力はないし、歩くのもちょっぴりですが、ひよこ電球で飼育ケースを温めてあげると食欲が出て、蜜を吸う姿が見られるのが嬉しいです。

頑張れ、そうべい。(いつの間に名前がついたのだ?)

♪ ♪ ♪

話し変って2年前。
その頃はカブトムシのペアを二組飼っていました。
夏の盛りで元気いっぱいです。

しかしある時、4匹ともひっくり返って力無く足を動かしているではありませんか。
「何?なんで?」
どうしていいかわからずオロオロして見ているばかりの私。
ところがその時、ケースの横に、いつもは置いていないものが置いてあるのが目に入りました。

それは……充電中の携帯電話。

「あっ!もしかして!」と、慌てて携帯電話を別の場所に移動させました。
しばらくするとカブトたちはまた徐々に元気を取り戻したのでした。ほっ。

本っ当~に怖かったですよ~。
自分の目で見ると恐怖倍増です。

知識としては知っているけれど、目に見えないからつい忘れてしまう事実。

【携帯電話の電磁波は危険】

電磁波は生体を破壊するものだと思い知った出来事でした。


†触りたがるからと言って、赤ん坊や子どもに携帯電話をおもちゃ代わりに持たせていませんか?

†込んでいる電車の中、他人の頭の真後ろで携帯電話を操作している方はいませんか?

†大した必要も無いのにテレビやパソコンの前に長時間座っている方はいませんか?


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。