2008 / 02
≪ 2008 / 01 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - 2008 / 03 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長男エジソン君はこの3月に小学校を卒業します。
そして同じく6年近く通ってきた、通称“土曜クラス”も卒業します。

公立小学校に通いながら、月に何回かの土曜クラスで、十分とは言えないまでもシュタイナー教育に触れられ、お友達と楽しく過ごせた6年足らずでした。

オイリュトミーとエポック授業から彼が得られたものは
ここに書ききれないほど沢山の種となって根を張っています。
今はまだ目覚めてはいねいけれど、
確かに彼の内側で目覚めを待っているものがあって…
それを単純に「楽しみ」という言葉にしてしまうのは表面的過ぎて…
何が言いたいのかというと…ああ、もう少し通わせたいな。
という私の本心だったりします。

ヴァルドルフ教育は子どもを健やかに成長させてくれました。
出来の悪い親等から受ける悪影響から守ってくれた
幼稚園からお世話になってきた教育法を
何らかの形で、これからも続けていきたいな、と思うこの頃です。

土曜クラスでお世話になった先生、
運営を共に担ってきた大人と、素直な子ども達に感謝します。
ありがとう。


東京三鷹にあったシュタイナーシューレの土曜クラスは、シューレが藤野に行ってしまった後、運営の形を変えて“東京シュタイナーこどもの会”という会になりました。場所を東京・代々木の青少年オリンピックセンターに移して、1年から6年生までの大所帯で、活発に活動しています。

3月を前に、来年度の募集が、また始まりました。
新1年生の募集要項はこちらです。ご興味を持たれた方は
東京シュタイナーこどもの会のHPhttp://t-steiner.net/
(もし繋がらない場合はhttp://tsca2007.sakura.ne.jp/index.html
をご覧下さいね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。