2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでも夏だと思っていたら、いきなり寒くなりました。
我が家でもエジソン君が「風邪引いちゃったみたいだから今日は算盤塾休む」と、空咳をしながら元気なくつぶやいて、暫くしてから元気良く工作遊びに励んでいました。(何なんだ!)

気温の変化に体の追いつかない季節です。
普段から肉食されている方は牛・豚肉をお休みして、少量の鶏肉やお魚にしてみてください。野菜ときのこを必ず一緒に食べます。
きのこ類は何時間か日に干すと味も栄養もアップしますよ。

高温の油を使ったメニューもできれば避けた方がいいですが、どうしても食べたい時は大根おろしなどで酵素を補充してあげてください。
てんぷら・フライ等、油を高温にすると強力な酸化作用を及ぼしますので、体が疲れているときは食べないほうが無難です。
今更注意するまでもないかもしれませんが、「殺人オイル」と呼ばれるトランス脂肪酸が多く含まれているショートニング・マーガリン・「エコナ」等の加工油脂は使われませんように…。「狂った油」トランス脂肪酸トランス脂肪酸について
良質な油を摂るには生アーモンドを1日2,3個、黒ゴマ、新鮮なクルミ等をお勧めします。

また出来れば毎日、亜麻仁油(フラックスオイル)orエゴマ油orしそ油を加熱しないで大匙1~2杯摂ってください。オメガ3系脂肪酸について←注意:この記事の最後にサプリメント販売のお知らせが入っていますが、silky個人的にはサプリメントはお勧めしていません。念のため。あくまでもオメガ3系油の説明・参考になる記事として読んでください。

鼻の調子の悪い場合は一旦牛乳をストップすると好転する場合もありますので試してみてください。鼻と直結している耳の不調も同様です。
参考になる本をご紹介しますね。
からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て
長ネギの味噌汁も風邪や鼻に良さそうですが、この本に載っている“ねぎみそ湯”は更に効果がありますよ。
マクロビオティックのオシャレな本は沢山出版されていて、綺麗だし、美味しいし、玄米菜食の敷居が低くなったのはものすごく良かったと思います。雑穀料理の本も多くなりましたね。
一方地味ではありますが、体調を整えたり、病気を治す事を中心にしたいのなら大森一慧さんの本が一番お勧めです。
からだの自然治癒力をひきだす「毎日のごはん」―おいしく食べて元気になるレシピ集
大森一慧さんの本はどれも読み応えがあってお得感があります。(笑)
“自然治癒力”シリーズの最新刊はからだの自然治癒力をひきだす「おやつ」
油で揚げていないのにカリカリ感を楽しめるレシピあり、子供も一緒に手伝ってもらうヒントあり。小さい子向けかもしれませんが、大人も自分の食を見直すきっかけとして読んでみてもいいんじゃないでしょうか。

何年か前に欽ちゃんが滲出性中耳炎になった事があり、お医者様には「この病気は治りませんので、薬を飲み続ける必要があります。薬で良くなっていかない場合は手術もします」と断言されました。が、ひねくれ者の私はホメオパスに相談して、ほんの数週間で完治させました。
ホメオパシー療法も一つの手段としてご紹介しておきます。
どのレメディーを使うかはホメオパスの方に相談してくださいね。

朝は果物か生野菜を少量摂って酵素を補充してあげましょう。
大根おろしも良いです。
「酵素」が病気にならない体をつくる!―今日から始められる酵素食レシピ付
酵素について分かり易く書いてある本です。amazonの書評では否定的意見も出ているようですが、読んだ限りではそう悪くはないと感じました。全部鵜呑みにせず、取り入れられるところから生活に取り入れれば良いのではないでしょうか。

そして…
内臓の強化・活力の増進、万能薬として、何がなくても梅醤番茶です。
【中くらいの梅干1個・純正醤油1,2滴・生姜のしぼり汁1,2滴・熱い三年番茶】
これだけあれば大抵の不調は良くなります。
作り方
1.湯飲みに梅干しを入れ、箸でよく突き砕いて練る。
2.醤油を加えて更に練る。
3.生姜をおろして絞った汁を落とし、その上に熱~い三年番茶を注ぐ。

注意※必ずこの順番通りに湯飲みに入れましょう!

醤油は小さじ1杯位と書いている本が多いのですが、木津龍馬さんには上の分量で教えていただきました。これで私の場合は1年以上続いていた咳が止まりましたよ。(西洋医のお薬を飲んでも治らなかった咳)
数ヶ月間飲み続けても大丈夫。
肉体的にも精神的にも効果があるので、お疲れのお父さん、お母さん、受験のストレスで体調の悪いお子さんに、毎日飲ませてあげてくださいね。
効能等は『身近かな食物による手当て法』正食協会編に詳しく出ています。

スポンサーサイト

【どういたしまして~】
専門家の意見ではないけど、自分の得た知識と、自分の体を使って(笑)試した経験をふまえて記事を書かせてもらいました。お役に立てば幸いです。
でもやっぱり生ものは体を冷やしますので、体を温めるものも摂るよう気をつけてくださいね~。
リンクありがとうございます。それから
いつもコメント下さってありがとう。励みになります。感謝です。
【ありがと~!】
silkyさん、リクエストに答えて下さって、有難うございます!

とっても嬉しいのは、生野菜&生果物大好きな我が家にとっての明るいおすすめ!
朝あ、少量でも生の野菜をいただくと、酵素を補充できるのですね~。
マクロやっておられる先輩方から、生食は体を冷やすからダメよ~とよく言われました。え~だって生食好きなんだもん、と後ろめたくいただいていました。これから堂々と生食します(あ、でも食べ過ぎない程度に)
むしむしからこちらの生地にリンクさせて下さいね。宜しくお願いします

この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。