2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもにこちらの言うことを聞いてもらうには、どうすればいいでしょうか。

子どもは大抵、自分の遊びに夢中になっているか、色々なものに気をとられています。
シュタイナーの言うところの“多血質”。
土・火・水・風の四大気質なら“風”です。
(気質については→http://higuchi08.exblog.jp/i11にまとめてありました。)

忙しいとつい、離れたところから子どもに向かって「○○しちゃだめよ~」なんて声をかけてしまいますが、これはまったく効果ありませんよね。

面倒でも近寄って、小さめの声で「あのね」と声をかけると、大抵はこちらの方を見てくれます。
ちゃんと目が合ってから「○○してほしいんだけど」と話しかけてみましょう。
よほどの胆汁質でなければ聞いてくれるハズ…。

いま気がついたけど、この方法って犬の訓練に似ているな…。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。