2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山の家前のコブシの木。
赤くて可愛い実と白い産毛に包まれた芽が、朝日を浴びて輝いていました。

2日目の続きと3日目です。
山の家の企画イベントは朝ごはんの後にで終了してしまいましたが、もう少し自然に触れて楽しみたいsilky家は1泊延長。
なので、午後から自由行動です。


オーナーに勧められた展望台に上りました。
お天気は最高。
広々として良い風景です。

帰り道、ちょっとばかり道を間違えて、
 エ「お母さん、ホントにこの道でいいの?」
 欽「つかれたよ~…」
 母「え~?間違えないわよ、さっきここ通ったもの~」

雪でぬかるんだちょっとした山道を数十分ほど ムダに 歩いてしまい、
 エ「やっぱり変だよ。道が細くなってきたし、こんなに急な道は歩いてないよ」
 母「ええっと……」
 欽「……」(心配そうに母の顔を見上げる)

汗をぬぐいながら更に数十分歩いた先に、
ショベルカーと、途切れた道が。

「戻ろう!」 

明るかった夕日の色が褪せてきたかと思うと、みるみるうちに薄暗くなってゆく山の道。

会話している途中でプツリと切れてしまう携帯を何度もかけなおして山の家のオーナーに連絡を取り、なんとか日没前には車で拾ってもらって無事宿に戻れました。

 エ「もうお母さんの言う事は信用しない
 母「ハイ、すみません」
 欽「……」(青ざめてる)

ぬかるんだ山道を登るのにかかった時間は数十分。
しかし、駆け下るスピードは道のぬかるみを全く感じさせませんでした。
皆、必死 だったようです。
夕日が沈み始めて徐々に暗くなっていく山道は迫力がありましたからね。


次の日の朝はガイド無しで前日と同じコースを散歩しました。
雪は解けてしまっていて、動物の足跡や豪華な霜柱が見れなかったのは残念。
教えてもらった熊の爪跡のある木は見つからなかったけど、違う場所にも爪跡を見つけられたので、子供たちに見せました。イノシシの掘った跡も残っていたです。
リスの姿はこの日は発見できず…でも綺麗に半分に割られたクルミが落ちていたのを見つけて「リスのお食事あとだ~」と喜んでいました。


欽ちゃんが見つけた“アゲハモドキ”の蛹(抜け殻)。
面白い造形です。
写真では分かりませんが、二重構造になっていて住み心地(?)がよさそうです。
幼虫も個性的な姿です。→幼虫図鑑
注意:芋虫の嫌いな人は見ないほうがいいかも。
私も鳥肌立てながら見ました。実物はもっと可愛いのかな…。

お散歩のエンディングには、カケスが姿を見せてくれました。


山の家の皆さま、お世話になりました。
手作りのお料理、本当に美味しかったです。
食べ残したくなかったけど、食べきれませんでしたーー!!

昔ながらの一眼レフカメラで写真を撮るのが好きなので、
携帯で撮った数少ない写真だけのご紹介ですみません。
お山のご報告でした~。
読んでくださった皆さま、ありがとうございます。

それから…雪を降らせて下さった
山の神様、ありがとうございまーす!!
怪我一つ無く無事に帰らせていただいた事に感謝します。(-人-)


楚々とした一直線。キツネの足跡なり。
スポンサーサイト

【個性派揃いですね~】
yasukoさま
面白いですよね!
日本国内でさえも、まだ生態がはっきりと分かっていない生き物は沢山いるようですね。
虫も、鳥も、魚も、
感心するほどユニークな外観を持っていて
すばらしい。
キツネさんの足跡は、肉眼で見ると実にお上品で美しかったです。
今度行く時は子供たちに綱をつけて、ゆ~っくり観察させながら歩かせなければ!
【ユニークですね】
もちろんクリックしました~!
彼?彼女?は何ゆえこのような姿になるのでしょうね。
面白いです。
キツネの足跡は行方がきになります♪
【とみうかさま】
読んでくださってありがとうございます。
お休み中もお仕事だったのですね。
お疲れ様でした。

うちは夏休み中どこにも連れて行けなかったので…。子供たちに自然に触れさせる必要があるな~と感じて出かけてきました。行ってみて実感したのは、大人の自分にもやっぱり山の空気は必要だったんだな~という事で。また機会を作って出かけようと思います。
良い所があったら教えてくださいませ。
【ミサブレさま】
コメントありがとうございます。
火花がちっているような子は屹度、ルリタテハの幼虫ですね。すみません、説明不足でした。
トップページにしか繋げられなかったので、幼虫名で検索して見てください。
山の家のオーナーには“アゲハモドキ”の蛹だと教えてもらったのですが、形体からみると“クスサン”のような気がします。“アゲハモドキ”の幼虫は白いのです。オーナーは初めて見た時「カビの生えたイモムシ」かと思ったそうです。

大丈夫だと分かっていても山は怖いです~。
都会人もたまには自然の中で五感を研ぎ澄ました方が良いかもしれませんね。程よい緊張で、無事に生きている事に感謝する気持ちが湧いてきますから…。
【Unknown】
三連休、仕事で会社にいました。
でもキレイな写真を見て
ちょっと山に行った気持ちになりました。
ありがとう。
【幼虫図鑑!】
クリックせずにいられませんでした!
おもしろ~い!
チカッチカッと火花がちっているみたい。
まるで、漫画ですね~。
実物はきっと迫力ありそう。

山道の夕闇は、それこそ迫力ありますね~。私は学生時代友達と奥多摩のハイキングに行きました。滝で遊んでいたら遅くなってしまい、終バスに遅れそうになって、皆で泣きながら暗くなって行く山道を駆け下りた記憶があります。(途中走れない道もありました。。)

でもでも、無事にお宿に帰り着いて良かったです。お食事も美味しそうですね、素晴らしい連休の様子を、ありがとうございます
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。