2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコレートやケーキは食べたい放題
ファーストフード店でアルバイトをし、
お肉もチーズも牛乳も おいし~く毎日いただいていた頃は
いつも体調が悪く、病気ばかりしていました。
薬を飲めば健康に戻れると信じて疑いませんでした。

20才に近くなった頃からアレルギー症状が次から次へと現れ、耳鼻科、眼科に通うようになります。常に疲れていて、時々寝込むこともありました。お医者様にみてもらっても理由はわからず、適当なお薬を処方されるだけ。

ちょっとした切っ掛けで合気道を始めて、毎日大量の汗をかく生活になるのと並行するように、体調は良くなっていきました。
合気道仲間には玄米菜食している人、鍼灸師もいて、徐々にそちら方面の知識が増え、四足動物のお肉を食べる事は少なくなりました。牛乳は買わなくなりましたが、チーズやケーキは続けたまま。

仕事先や友人、親戚や知り合いと食事をする時にはお付き合いでお肉や魚、乳製品も摂ります。未だにヴィーガンではありません。

子供の頃から「お肉が食べられない」という人のことを『不思議な人たち』だと思っていました。
こんなに美味しいお肉、どうして食べないの?
野菜だけじゃ栄養が足りないでしょ?

私の場合は自分の体の不調から肉類を減らしていきましたが、普通に健康に暮らせている人は肉食を止める差し迫った必要はないわけで、理解するのは難しいとは思いますが、目に見えない形で、肉食は体と精神に影響を与えています。
一度、体調不良の原因と対策を知るために毛髪検査を受けたことがあり、その結果「脳の働きが悪いですね。この数値では、今私が喋っている内容もちゃんと理解できていない筈ですよ」と診断されました。

動物性タンパク質は素晴しい食べ物です。
しかし、ホルモン剤などの薬品等を投与されている現在の肉、魚を摂取するのはどれだけのリスクがあるか、調べ、考え直す必要があります。

生き物達がどんな風に育てられ、殺されていったか
どんな捕獲の方法で魚類を取っているのかを
ぜひ知っておいていただきたいと思います。

無残な一生を過ごした生き物達の油
スーパーの肉売り場を通るとき、悲しみの念
できれば 気がついてあげてください。

できるなら
心安らかに、必要なだけの穀物と植物で
命を繋げられないだろうかと思うこの頃です。
他人に強制することはできませんが。


地球を貪り食う
http://www.youtube.com/watch?v=gmNSkdPgxNc&eurl=http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1684399

魚を食べるべきではない理由
http://www.youtube.com/watch?v=oq3ImY0oKf0&feature=related

地球 豊かさの限界 第一集 一頭の牛が食卓を変えた
http://video.google.com/videoplay?docid=-1206563788830506898&hl=en
http://video.google.com/videoplay?docid=-8887358819565490489&hl=en
http://video.google.com/videoplay?docid=-4506019996306279048&hl=en

スポンサーサイト

【うん。】
いいですよね、テーマ曲。
聖書のお話もありがとう。勉強になります。 
翻訳の作業には間違いが付き物と言うか、言葉に含まれる歴史的な背景、ニュアンスを正確に再現するのは難しいですよね。また、その違いを読んだ人すべてが理解するのは無理というもので。。。
結局、一人ひとりが如何に目覚め、気付いていくかが大切なのでしょうね。
【おお!懐かしい!】
NHKの「世紀を超えて」ですね~!テーマ曲大好きでADIEMASのCD買ってしまいました。。。。って、話違いますね
旧約聖書によると、ヒトが「善悪を知る果実」を食べてエデンの園を追放される時に、初めてヒトのために他の動物の血が流されました。園の中でヒトが食することが許されていたのは、植物でした。園の中でヒトが動物を支配するよう創造主から任命されていますが、「支配」の意味は隷属させる事ではないそうです。古代ヘブライ語なので、意味を読み取るのは難しいそうです。。。。わあ、いい加減な知識で、ごめんなさい!
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。