2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常々抱えていた疑問に答えてくれる詩に、やっと出会いました。
「一患者の祈り」「グリフィンの祈り」「無名兵士の詩」「無名兵士の祈り」という題でも知られています。
この祈りの作者については諸説あるようですが、こちらのblog記事に詳しく書いてありましたので、ご参考までに。
志村建世のブログhttp://pub.ne.jp/shimura/?daily_id=20070729

出版物等でも紹介しているようですから、もうご存知の方も多いと思いますが、一年で一番暗いこの季節、自分の存在価値について考えたり、孤独に襲われる時期でもありますから、まだ出会っていない誰かのために、この詩との出会いのチャンスが多くなればと思い、こちらでも紹介させていただきます。

* * *

「ある兵士の祈り」

大きな事を成しとげるために強さを与えてほしいと神に求めたのに
謙虚さを学ぶようにと、弱さを授かった

偉大なことができるように健康を求めたのに
より良きことができるようにと、病弱を与えられた

幸せになろうとして富を求めたのに
賢明になるようにと、貧しさを授かった

人々の賞賛を得ようとしてパワーを求めたのに
得意にならないようにと、弱点を授かった

人生を享受しようとしてあらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにと、いのちを授かった

求めたものはひとつとして与えられなかったが
願いはすべて聞きとどけられた

神のみこころに沿わぬ者であったにもかかわらず
心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた

私はもっとも豊かに祝福されたのだ

* * *

I asked for strength that I might achieve;
I was made weak that I might learn humbly to obey.
I asked for health that I might do greater things;
I was given infirmity that I might do better things.
I asked for riches that I might be happy;
I was given poverty that I might be wise.
I asked for power that I might have the praise of men;
I was given weakness that I might feel the need of God.
I asked for all things that I might enjoy life;
I was given life that I might enjoy all things.
I got nothing that I had asked for,
but everything that I had hoped for.
Almost despite myself my unspoken prayers were answered;
I am among all men, most richly blessed.」
スポンサーサイト

【志村建世さま】
askとhopeについて解説していただきありがとうございます。
【ask と hope】
今ごろになってこのエントリーに気づきました。ask は「頼む、願う」と誰かに働きかける言葉ですから「神に願う」意味がはっきりわかるのです。それに対してhope は自分がそう思うだけで、I hope you…と目的語を置いたとしても相手を拘束しません。つまり「そうなればいいな」と思うだけなのです。
【そうですね】
yasukoさま
頭の中でもやもやとしていたものが、yasukoさんのコメントのお陰で、文章という形をとって目の前に現わされ、すっきりしました。
ありがとうございます。

認められようとして必死になっている人々の多い現代ですが、お互いをありのままに受け入れられる人間関係が育ってほしいと願っています。本当はこういう詩を考えなくてもすむような社会であってほしいのです。。。
【うむ・・】
”ask”と”hope”の違いは時間にあるのでは
ないでしょうか。
刹那的なのが”ask”で長い時間の中で思うのが
”hope”なのかなと。
言葉もその本質を考えると面白いですよね。
 
最近科学を学ぶようになって、本当に一人の人間の
一生でできることなんて限られているなと考える
ようになりました。
それは「どうせ何をしたって」という話ではなくて
どんな時の流れの中に自分がいて、次世代に何を
残せるのかと考える、そんな分をわきまえた無欲な
姿勢が周りや自分の幸せになるのかなと。
【う~ん、ごめんなさいね、】
訳の分からないコメントを書いてしまいました、あっちゃ~。
ほとんど自問自答の世界です。
アスクもホープも、辞書をひいても分かる様な、分からない様な。。。母国語じゃないって、本当に外国語なんですね。(当たりまえ)
「充分です」は幸いですね。。。「もっと、もっと」は不幸ですね。。

【ミサブレさま】
感覚的には分かる様な気もするのですが、外国語はからきしなので……。すみません。
「もっと」と望む心は様々なものを停滞させ腐らせてしまう。
流れを妨げず循環させていく事で人は自由になり、祝福を感じられるのかもしれませんね。
特定の宗教を持たなくても神(自然界に働く大いなる力)に感謝する心を持つと、揺らぎ少なくなるのではと思います。唯物的なものしか信じようとしない人は弱いです。ほんと。
【Unknown】
askとhopeの違いは、何でしょうね。。。
ことばにおいて、というより、自分の日常において。
物にとらわれない、魂の乾きに、心の耳を傾けてみましょうか。。
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。