2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンジャミン・フルフォードというジャーナリストのHP内の“教育改革”http://benjaminfulford.com/NewEdication.htmlという記事から少しだけ転載~。

理想的な教育は遊びと同じぐらい楽しいはずだ。
日本の企業家や天才達の個人の話を聞くとやっぱり子供の頃たくさん遊んだ人たちが多い。
つまらない勉強ばかりすると馬鹿になる。


確かに、つまらない授業は時間の無駄ですね。。。
我が家でも子供たちが ある勉強をつまらない(分からない)と言い出すと
 算数は ゲーム&パズル
 国語は 探偵ごっこ
 社会は 小説
 理科は…ほっといても面白がるから、楽しい読み物を図書館から借りてきて本棚に並べる
という方法で“学ぶ事の面白さ”というドアを開いてみせることがあります。

(独り言:シュタイナーの教育法をきちんと学んだ方ならもっと美しく、驚きと感動に満ちた授業ができるのにな~~、学のない母親で御免よ~息子達。)


もうひとつの原則としていえることは、脳みそを小麦を小麦粉にする工場にたとえると日本の教育では小麦(知識)が沢山蓄えられる。しかしその小麦を小麦粉にする機械があまり強く作られていない。アメリカはどちらかというとその逆。

欧米から知的主導権をとるには、やっぱり欧米の議論、討論、論理、の武術を学ぶことが先決だ。


う~む、的確な指摘。(^_^;;
言葉はコミニュケーションのためのものと思っていたけれど、
『武術』ですかい…。
でも“術”には“道”が無いのよね。
生き残り、対抗する方向にばかり目がいって、自分の中に何を確立するのかが置き去りになっていないのかな。
道を極める時代は終わっちゃったんでしょうかね…。寂し。


エジソン君は4月に、地元の公立中学に入学する予定です。
かなり不安はありますが、我が家の事情なので致し方ない。
受験はしないけど少しは勉強しなくちゃね と、夏から通信講座を始めました。
しかし
「テキストが進みすぎてる。学校の授業じゃ追いついてないよ」と彼曰く。
「予習だと思ってやってみれば?先にやっておくと勉強が楽になるよ」と私
「先に勉強すると授業の時に『そうなんだ!』って楽しみがなくなるんだ。面白くなくて教科書開くと眠くなる」

そうか。出会いの驚きはとっておきたいよね。
「……じゃあ、復習のためにテキストを使おうよ」

エジソン君はニヤリと笑って返事をしませんでした。

ああ、この親にしてこの子あり。

(2007.12.14の日記から)

スポンサーサイト

【つばさ&すばるママさま】
国語学習の問題って難しいですよね!
子どもが「分からない!」と言って放り出したのを「ちょっと待て!」と言って引き止め、しらみつぶしに捜査し推理を働かせるのは、まさしく探偵小説。
なかなかすぐには子どもはホームズ(又はワトソン君)にはなってくれませんけれど。
うちも一番楽しんでいるのは私かもしれません…。
ま、楽しそうな母親を見て、そのうち子ども達もつられて段々楽しくなってくれればいいですよね!
【ナマズさま】
昔、頭の悪い私は「利口になりたいなぁ」と言いました。それを聞いた叔母は「利口な人間はずるいものだ。利口になんてならなくていい」と、けちょんけちょんに叱られました。(笑)
人間の知識は時として、地球全体に酷く迷惑をかけてしまいます。
逆に、あまりに無知なのも周囲に迷惑をかけてしまいます。
知というもののバランスをどうやってとるかは、なかなか難しい問題ですね。
知恵を、自分で手に入れた武器としてではなく、恵んで“いただいた”ものとして、謙虚さを失わずに行動しなくては、と思います。
【ミサブレさま】
それもそうだな~、彼らの言うことにも一理あり。と思えますよね。
それにしても“復習に徹する”あたりはムスメさま、
流石です。
しっかりと自分の道を歩いていく子ども達、陰ながら応援したいです。
物事にあそびは不可欠。
生き物にも遊びは不可欠。ですよね!
【yasukoさま】
お褒め頂いて恐縮してしまいます。。。
<「遊びはもともと脳を発達させるために哺乳類が選択した絶妙ともいえる戦略」
なるほど…。意識的に、戦略として選択したとは考えてもみませんでした。
自分自身が学校の勉強をそれほど楽しいと思わないで卒業してしまったものの、後になって「な~んだ、学習するのって、こんなに楽しい事なんじゃないか」と気付き、随分勿体無い時間の使い方をしてしまったと思ったので、子ども達には同じ時間を費やすのならば楽しく勉強してもらいたいと、ささやかながら彼らの勉強に口出しをしています。。。
理想としては、シュタイナーの教育法でもっと多くの子ども達に学ぶ喜びを知ってもらいたいですね。
親(大人)の出来ることって、子どもを教え導くのと同時に、子どもをつぶさない様に注意することだなぁと、しみじみ思います。
【楽しく遊ぶ】
国語の探偵ごっこは、盲点でした。
これって、本当にいいかも!!

学ぶことって本来楽しい、わくわくすることだと思うのですが、昨今の教育事情を考えると悲しい気持ちになります。
で・・・・・、いろいろトライしてみるのですが、家族いわく、
”お母さんが一番、楽しそう。”
ハイ、家で実験しても、自由研究をしても、勉強をしても、どこかに遊びにいっても、たぶん、お調子者の私が一番楽しんでいます。
本当は、子供達が主役、少しだけ反省。
【Unknown】
たしかに学校のひたすら覚えるだけの授業では頭が悪くなりそうです。

そういえば師匠がサーカスの動物をみて、彼らは動物でありながらボールに乗ったり自転車に乗ったりと凄いですが、あれは調教師の人が凄いのであって彼らが凄いわけではないと。

たしかに、サーカスの動物たちは一人で生きていく知恵はないですからね。

【もう一回。】
起業家や天才とは関係ない私ですが、遊ぶ事だけは大好き!です。
【うちにも。。。】
エジソン君と同意見の輩がおりますよ。先取り学習すると学校が楽しくなくなるので復習に徹するそうです。。。この2年間の体験に基づく判断だそうですよ(笑)
【そうですよね~】
Silkyさんの子育ては素晴らしいと思います!
国語は探偵ごっこなんて楽しそう♪
最近読んだ吉田たかよしさん(東大院卒、NHKアナウンサーを経て現在医学博士)の「勝てる子供の脳」という本でも、「遊びはもともと脳を発達させるために哺乳類が選択した絶妙ともいえる戦略」とあります。
脳科学的にも有意義なようです。
シュタイナーはそういう意味でも理にかなった教育法なのでしょうが、日本のように1クラスの人数が多いと実践は難しいでしょうね。
結局親がやるしかないのでしょうか・・・
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。