2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長男エジソン君、勉強に身が入らなくなりだした6年生の2学期から、Z会の通信教育を始めました。
通信教材をためることなく、
毎月期限に合わせて、
白紙で出している教科もある息子でございます。(泣)
 
「学校での進み方と違って、今月はまだやってないところだから分からない」のは仕方がない。ならば予習として考えれば?一緒にやろう?という親の意見に「新しいことを習って『そうか!』と思う喜びが半減するから予習はしたくない」と屁理屈をこねられております。
一緒に勉強するにしても、こちらが万全の準備をして取り掛からないと、一瞬でも「ええと…これはね」と引っかかると「もういいよ。一人でやる」と言われてしまう状況です。え~ん

テキストは充実しているので、じっくり読み込めば教科書で不足している内容まで補足できて、充分役立つものだと思います。問題量も多くて至れり尽くせりですのよ、奥様。
Yasukoさんのブログ記事にもあったように、通信教育だからといって、
>提供する側の指示通りに全部期限内に仕上げる必要はないのですよね。
と割り切り、自分のペースで、取り組めるところから取り掛かり、行きつ戻りつしながら学んでいってもいいのに…と思います。しかしそれには、しっかりした下地と導き手も必要になりますが。

>特に、算数の計算や漢字は、学校のカリキュラムの都合で、「1年生の
>計算」とか「5年生の漢字」とかに分けられてしまっています。
>でもこの分け方は”学ぶ”という視点でみると効率の良い分け方では
>ないようですよ。


昔、会社の上司が「人間にあるのは、食欲と性欲と物質欲だけ」と笑っていました。しかし私はそこに“知識欲”というものも入れたいと思います。私自身はてんで成績の伸びない劣等生でした。勉強しようと思い教科書を開いても、物事がばらばらで繋がりが分からず、興味が持てなかったからです。全体像が分からないまま教科書に載っているパズルのパーツを組み立てることが(頭の悪い私には)できませんでした。
学んでいても面白くない。
物語でもいい、旅行でもいい。おおまかな全体像や、自分でじかに見聞きしたものから“流れ”を掴み、“流れ”の中に含まれる“仕組み”のひとつひとつを理解していく学びのほうが、(私の場合は)より理解し易かったし、勉強していることが面白く感じられました。
これがきっとYasukoさんのおっしゃる
>学年の枠に縛られずに、先に進めてしまいましょう♪。
ということなのでしょうね。

学校から出される宿題のやたら多かった3・4年が過ぎて、ほどほどの宿題量になった5年生の欽ちゃんは「Z会やりたいな~」と言っています。多分期限内に提出物を出したときにもらえる点数を集めて、景品を手に入れるのが目的だとは見当がつきますが、コツコツタイプの人なので試しに始めてみようかなと思っています。

我が道を行く自由人、エジソン君の行く末は……。
このまま勉強に興味を持たないようなら、
山寺行き という選択肢も……。あ でも、結構いい思いつきかも♪



        来て下さってありがとう!
    ご訪問やコメントが更新の励みです
  よかったらぽちっ♪と応援おねがいします

              ↓
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ  にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
スポンサーサイト

【Chiekoさま】
さくらんぼ保育、聞いたことあります。お子様はそこで大切な時期を過ごされたのですね。
エジソン君は考え方を含め、古いものがとても好きなので、old soulを持って生まれたという考え方がとてもしっくりきます。いや、本当に大変です。目を背けたいことに目を向けさせられる。楽させてもらえないなぁと日々思っています。
山寺は北米にもあるのですか? 何をするにも首に縄をつけて、ということはしていませんよ。(笑) 無理は結局無駄につながりますし、何より私が子どもからの信用を失ってしまいますもの。嫌になるほど時間をかけて、自分の正直な気持ちを子どもに伝えます。こちらが本気なら子どもは大抵動いてくれます。それでも嫌だと言われればそれまで。
時が来るのを待つのも、必要かなと。
【お寺修行の実態、子どもの自主性、】
子どもの自主性を育むって、親にとってはひたすら忍耐ですよね。私自身が育っていないと、自主性の芽を摘んでしまいがちです。よく、日本の保育で言われました。さくらんぼ保育という、体を鍛え、障害児と統合教育で、自主性を育むを掲げて近くに合ったので、行かせました。
そこには、水遊び→泥遊び→火遊びを経て来なかった幼児が来ると、親が止めるからこの子は徹底的に水遊びできず、居間は潔癖なぐらい、泥をいやがるでしょ。と。そこへ入れるまで、私もおばあちゃんも、上の息子には特におろおろさせられました。水遊びをたとえ、冬でも徹底してさせてもらって(家ではできない、水浸しになるとか、水がもったいないと近所にも言われるし)泥もトラックで運んでダムを作りなどを経験して、我が息子も自主性が育ったと思います。

エジソン君もきっとold soul(アフリカやアメリカインディアンの友人はよく、我が子にそういいます)古い魂を持って生まれたのでしょう。私もよくたしなめられます。
そんな子に育てられる,大変ですよね。

私がついつい一方的に「掃除しろ」「音楽を夜中に聞くな」などなどああしちゃ行けない、こうしなさいと高校生や中学生の娘、息子に言うばかり。会話がなくなってきました。

でも、多感なsilkywood さんだから、子どもさんが大きくなっても、会話を保てるでしょう。

山寺近くに住んでいる私たちは、よくお寺のお坊さんたちを我が家に呼びます。幼い頃はお寺の行事にも、夫婦で精神修行に行くときは連れて来ていたこどもたちも、ついて来なくなって久しいです。が最近、門前の小僧じゃないですが、お坊さんや尼さんがお見えになると、言われなくて、手を合わせて合掌します。
山寺へ首に縄つけて連れて行くよりは、ご自宅へ精神修行を積まれている方を呼ぶことをお勧めします。
山寺は、どこも皆が祈りにくる場なので落ち着きますが、お坊さんは世俗へもおりて来られますから。
【jasuminさま】
jasumin姉弟はしっかりしていらっしゃるから、このまま子供任せできっと大丈夫~。
子供の自主性にまかせたつもりでいましたが、出された課題・宿題は終わらせるけど、自主的に勉強しないという事実を知って、あわててZ会を開始。しかし始めたものの、この有様で…。(涙)卒乳は完璧だったんですけどね。。。
他力本願なうちの長男は、勉強より先にメンタルトレーニングをした方がいいのかもしれません~。
もちろん母も一緒にトレーニングです~。
【Unknown】
みなさんいろいろされているのね~・・・
と、驚いてしまう6年生の母です(苦笑)
うちは、塾も行かず、通信教育もしていません。
お友達は・・・結構塾行ってる子もいるのですが。

完璧に子ども任せなので、これがうまく進まなくなったとき
母はおろおろしてしまうのかもしれませんね。

そういえば、卒乳もトイレトレーニングも、
なんにも苦労しなかった母です。
ちっとも関係なのに、そんなことも思い出しました(ゴメンナサイ)
【ROCOさま】
ああ、ここにもZ会仲間が…
息子って、母親が相手だと甘えが出るのか、勉強でも何でも途中で険悪になってしまうんです、うちの場合。
父親が相手だと諦めが先に立つ(この人が我が家で一番子供なので)みたいで「机と状況に拘束された…」ような表情をしながら鉛筆を動かしています。
これって、いいんだか 悪いんだか…。

「計画性を身につけることも大切」
の一文を見る度に その通りだと思います。
子どもの甘えに毅然とした態度をとらなければ!ですね。
まずは自分でも計画表を作って時間を上手く使えるようにならなくっちゃ!
↑つまり親が出来てないわけですね。(爆)
【家もやっていますョ】
こんにちは。家もZ会、やっています。

気が向けば自分でやって、わからないところは
主に週末にお父さんとやるので、母はほとんど
ノータッチ。私が教えるとお互い熱くなってしまって
涙だったり、プンプンだったり。
期限内には、とりあえず出すようにはしています。
Z会の先生からの「計画性を身につけることも大切」
という言葉、上の子で身をもって学んでいる私。
中学になると、色々忙しくなるので自分でスケジュー
ル管理が出来ないと、ホント困るんです。

yasukoさんのように通信教育を活用していらっしゃる
方もいて、へぇーっとびっくりです。
同じ事をやっていても、ずいぶん差がでるのはそういう
事なのかな、と思ったり。
【yasukoさま】
好きになった先生には(子犬のように)よくなつき、授業のことは楽しそうに喋っているので、エジソン君の言う事も分かります。
でも、予習したことで得られる授業の楽しさっていうものも、あると思うんですよね。ですから
yasukoさんのおっしゃる

>でも私が思うに、新しいことを知る驚きは何も学校で体験しなくてもいいような気がするんですよ。

という意見に心が晴れるような思いです。
ありがとうございます。
無用なこだわりを持たずに、より多くの、知への感動に出会ってほしい。
沢山学んで経験して、出来の悪い両親なんて どんどん追い越していって頂きたいものです。
【予習♪】
こんにちは~!
Silkyさん、記事の中でブログを紹介して下さり
ありがとうございます。
それにしてもエジソン君、マイペースなんですね(^^)
予習をしたくない理由がちゃんと言えて立派ですよね!
でも私が思うに、新しいことを知る驚きは何も学校で体験しなくてもいいような気がするんですよ。
よっぽど先生が”驚き”を与えるのが上手ならそれを待つのは大賛成なんだけど、なかなかそんな先生も少ないですよね。
残念なことに。
きっとSilkyさんと一緒の方が何倍も驚ける気がするんですけどね。
 
難しいお年頃なのですね・・・
我が家も次期そうなるんだろうな~
 

【こももさま】
でしょ?屁理屈のグレードの高さは私似かもです。(苦笑)
その よくまわる頭脳を勉学にまわしていただきたい。

>目先のことで頭も心も一杯になってしまう人
うちも同じです~。それだけ一途で不器用ということなんでしょうか。
素直に育ってもらいたいですね。

上に立つ者にとってはシステム内に納まってくれる人間でないと大変なのは理解できますが、人というか、生物はそれぞれに個性があるものなんですから、スーパーの野菜のように画一的で同じ大きさであるわけないですよねぇ。

ところで、映画にもなった「ファンシーダンス」っていうマンガはご存知ですか? 若い男の子のお寺修行ライフ。思わぬ事実にびっくり&ニヤリな内容で、当時随分気に入って読んでいました。もう随分昔の話ですけど~。(笑)
【すごい!】
その理屈すごい!
そんなことを言える息子さんに育てた母に感動です!

ちなみに、うちの息子も、やってますよ。同じ教材。
難しいんですよねー。
とても、一人では完成させられません(笑)
うちの息子は、約束とか期限に忠実な男なので、
いつも、完璧に期限内です。
(期限内じゃないと、ポイントがもらえないかもと、
母が、脅しているせいもあるけれど)

期限がなくても、ポイントがなくても、きちんと
出来る子だったら、何の心配もないのですけれどね。
だって、それって向上心と、そのために、自ら計画・
実行が出来るってことですもんねー。
うちの息子は、目先のことで頭も心も一杯になってし
まう人なので、計画性がなし。
期限とポイントに助けてもらってますよー

山寺行きは、素晴らしい選択ですよね!
私も、真剣に考えたことがあるのでした。
(学校というシステムから外れちゃうことが多い子なので)
むふふ。山寺の方も、いい迷惑かと思いますが、ね(汗)
【ナマズさま】
読みました。子供たちに伝えたい大切なことを的確にお話されていますね。私は特定の宗教は持たないことにしていますが、真理は真理として有難く受け取りたいと思います。良いサイトを教えて下さって有難うございます。
で、問題となってくるのがこの“真理をどう子供に伝えるか”なのです。親の言う事を(例えそれが正しいものであれ)聞き入れられない時期に入った子供には、親とは別の存在が必要になることもあるのではと思うわけで。したがってやはりエジソン君は、一度座りに連れて行っていただきましょうか!(笑)(目が真剣だったりして…)
【Unknown】
山寺といえば、僕が何回か指導を受けたスマナサーラ長老が勉強の裏技は先生と仲良くなることと言ってますね。
http://www.j-theravada.net/kogi/kogi100.html" target=_blank>http://www.j-theravada.net/kogi/kogi100.html

年末また座りに行くから、よければ連れて行きましょうか(笑)
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。