2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジソン君に初めて包丁を持たせたのは1歳半。
子供は小さいほど集中力があるようで、意外と怪我はしませんでした。

「左はネコさんの手。右手でシュットン」
などと声をかけながら、柔らかい野菜などを切らせていました。
エジソン君にとっては料理は遊びのひとつだったようで、私が1人で料理をしていると、
とととと・・・と台所にやってきて背も届かないような調理台に手をかけて、
ぴょんぴょん飛び跳ねながら一所懸命、主張。
「しゅっとん! しゅっとん!」
可愛いのなんの…。

弟欽ちゃんも1歳には包丁を持たせたかったのですが、誰が『しゅっとん』をするかで包丁の取り合いになるため(怖)、欽ちゃんが包丁を持ったのは幼稚園に入ってからでしたね。
なので台所遊びは安全策をとり、兄弟そろって作業のできる
クッキー作りやパン作りがメインコースとなりました。
特に感動したのは天然酵母のパンで、子どもが生地を捏ねると、どういうわけか
きめの細かい、柔らかな、優しい味のパンになるのです。
あれは不思議でしたね。

スタートの違いか、持って生まれたものが違うのか、
今でも抵抗なく料理をするのは、兄エジソン君の方です。
「お願い~~」と頼むと、
文句を言いながらも、ちょっとした創作料理を食べさせてくれます。
これは長年一緒に料理をしてきて良かったことですね。

しかし、こんな日もありました。
母の言う事が気に入らなかったか、もしくは単に虫の居所の悪いエジソン君。
「また玄米?」
だの「もっと違うおかずないの?」だの
言うこと成すことがみんな攻撃的な日がありました。

「そんなに私の作る料理が気に入らないのなら自分で作りなさい」
「わかりました。」

そして勝手に作るのは自分の好物。
フライドポテト、天ぷら、ベジタブルバーグ、ラーメン…etc
それだけならまだしも
野菜のキッシュ(パイ詰め)だの、さつま芋あんのまんじゅう
なんぞを夕食に作られた日にゃ、アナタ、

「kussooooooooo!!!!!」 

でございますよ。

生意気にも程がある。

っていうか、お菓子を夕食にするな!と私は言いたい。
なによ!『しゅっとん』だったくせに~~。え~ん。

写真はこちら→エジソン君の日記


欽ちゃんはおかず作りは逃げ腰(「熱いのは怖いんだよねぇ」)ですが、
味噌汁作りはなんとかやってくれています。
和菓子などのお菓子作りは楽しいようで、気が向いたときに時々自分から作っています。

写真はこちら→欽ちゃんの日記


自分で作ったものを食べる喜びを知っている子ども達を、
素敵だな、と私は思います。
自分の子どもだけでなく、どんな子ども達でも、
一緒に料理をすること、料理を教えることは楽しいものです。
それは生きる力を身につけることですから。

中学・高学年になった我が家の子ども達は、部活やクラブで忙しく、母も仕事やPTAで忙しくなり、親子で過ごせる時間は低学年の頃に比べると少なくなっていますが、
狭い台所で肩を並べて
今日あった出来事を何気なく話しながら作業できるお料理の時間は、
大切な親子のふれ合いの時間です。
時には台所で人生を語りながら、
これからも子ども達と一緒の時間を過ごしたいと思います。




       読んで下さってありがとう!
     皆さんのご訪問が更新の励みです
★1日1回のクリックで応援よろしくお願いします★

               

          人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ  にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ



 ←小学館の雑誌 eduのサイトで 当サイトを紹介して下さっています

スポンサーサイト

【yasukoさま】
そう、自分で自分の食事を作るのは最低限おさえておきたい生活技術ですよね。
大したことは教えられない母ですが、
一緒に作る楽しさを知り、感謝して食べることを覚えてもらえるといいなと思います。
…と、ともに
片付け・整理整頓も身につけてもらいたいなぁ…本当に。

【素敵です!】
親子でキッチンに立って色んな話をする・・・
いいですね~!
自分で作ったものを食べる喜びを知っている人は
きっと食べ物を粗末にしたりしないと思います。
それに自分が食べるものを作れるって、Silkyさんの
いうように生きるためのスキルですよね!
我が家でももっと一緒にお料理をしようと思います
【こももさま】
お褒めいただき恐縮です。エジソン君は人一倍食いしん坊だから、台所に立つのが苦じゃないみたいです。

実はですね…1歳のころ一度だけ、包丁使いを教えていた時に、私のミスでエジソン君の指を切っちゃったことがあります…。
流れ出る血に私は「ぎゃー!」とか思たんですが、怪我した本人は不思議そうに自分の血を眺めていただけでした。
泣きもしないし、その後も痛そうな様子もなかったの。(鈍いのかな~息子…) もちろんホメオパシーのレメディ(アーニカ)は飲ませましたけどね、慌てて。

料理には危険はつきものだけど、考えているほど子供って不器用じゃないですよ。
救急セットを近くに用意して(笑)【真剣な遊び】感覚でやってみるのもいいかもです。

【ミサブレさま】
「片づけよう」とか「勉強」とか「練習」等の単語を口にすると、最近、殺伐とした空気が流れる我が家です…。(^_^;;
以前はお風呂の時間が人生を語る重要な場だったのですが、流石に中学生の息子とは一緒にお風呂にはいれなくなりましたからね~~。台所が最後の砦なのかもしれません。
エジソン君の料理は大雑把で、見ていてハラハラすることが多いです。料理後の台所は"台風一過"だし。(笑)
【すごい!】
すごいですね。私よりも、料理が上手かもっ!
こんな風に育てたママに、驚きと喝采です。
うちの息子は・・・・・・・・・・・
皿洗いを頼むだけで、大喧嘩。トホホ。

見習って、娘には、小さい頃から包丁を
持たせて、一緒に料理をしようかな。
でも、1歳半?ですか!!!?
息子だったら、やらせてあげられたかもしれませんが
いやあ・・・現在、1歳7ヶ月の娘が包丁を握る姿・・・
怖くて想像できませんでした。
怖いというのは、私が怪我をするという意味で(笑)
本当に、すごいですね。エジソンくんは・・・
【またお邪魔してます。】
台所で人生を語り合う。。。いいですねぇ~。なんとも味わいがあります。エジソンくんの野菜のキッシュ、拝見しましたよ~。すごいじゃないですかあ。欽ちゃんのぎゅうひまんじゅうも拝見しましたよぉ。
ばらばらに作っても、一緒に作っても、一緒にいただけばシアワセそうです。silkyさんの素敵な子育て、silkyさんちの素敵なご家族。
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。