2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

~子どもと向き合う前に~

しっかりと立つちから     (左足)
踏みだすちから        (右足)
あたたかな心と        (左手)
確かな行いと         (右手)
明るい考え          (そのまま)
5つのものが 私を真の私にする(両手を胸に)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

これは子どもがまだ幼稚園だった頃、先輩お母さんから教えてもらった言葉です。
元々は「子どもを感情的に怒らないためにはどうしたらいいでしょうか」という質問に、オイリュトミーの先生が教えて下さったものだそうです。
ですから言葉を唱えるだけではなく、そこに動きも入ります。

まず真直ぐに立ち、言葉と共に(左足)を力強く横に踏み出します。
(右足)は静かに横に踏み下ろします。
(左手)(右手)は掌を上にして腕を横に伸ばし、
(両手を胸に)で両手を胸の前で交差させます。

怒りそうになった時、どう自分を押さえるか。
もっと簡単な方法としては
【数を数える】
というのもあって、こちらはどんな状況でも使えます。

怒らないのって難しいですよね~。
「大人相手に怒るのは無駄」と普段はセーブできていますが、数カ月前にもうどうしようもない人間のクズに対して「いいかげんにしなさい!周囲の人に迷惑をかけているのが分からないの!?」と怒鳴ってしまった事があります。案の定、何の効果も反省も無く、そいつの心が余計硬化しただけでした。

イエローハットの 鍵山相談役は
【短気は人間のクズ】
とおっしゃったそうで。クズは自分の方であったか…と、悲しくなりました…。
情けない人間にならないように、更に精進せねばと思った次第。

~子どもと向き合う前に~は、いつでも目に入る場所に貼っておいて心に刻み、
「今行おうとしている事は、今言おうとしている事は、この言葉に当てはまるだろうか」
と考える一つの方法になるんじゃないかな~と思います。

心って
いつもコロコロころころ動いているから
ココロと言うのだとか。
ま、でも大人なんですから、余程の事が無ければ平常心を保ちたいものです。
私はまだまだなんですけどね…。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。