2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


土曜日にはエジソン君の所属している弦楽部の演奏会が予定されていた。
同日、サッカーの招待試合予定日で、本部役員の母親はあれこれとやらなければならない仕事があった。
私だけ何もしないわけにはいかない。
同日、夫は出張中。
家族の誰も来てくれない演奏会。
毎日2時間以上、時には日曜日まで学校に足を運んで練習してきたコンサート。
欽ちゃんでさえ
「どうして僕は試合に行かなくちゃいけないの?」と聞いた。
弟は、まだ一度も兄のいる弦楽部の生演奏を聴いた事がなかった。

決めた。

「招待試合の準備とぎりぎりの時間までの手伝いはできます。
 片付けまでには戻れるので、途中抜けさせてもらえませんか?」
と学年代表のお母さんにメールした。
折り返し返事が返ってきた。
「いいですよう~」
弟には「母さん、お兄ちゃんの演奏をビデオに撮ってくる。それでいい?」
欽ちゃんは普通の表情で「いいよ」と答えた。
「欽の試合の応援できなくてごめんね」
「うん」


コンサートは部長さんの挨拶からはじまった。
会場となった小学校には大勢の子ども達、保護者の方たちが集まった。
部長さんの楽しく爽やかな話しかけに、小さな子ども達が元気に反応していた。
チェロの向こう側に、エジソン君の笑顔が見えた。
あんな笑顔、久しぶりに見た。

春と秋に行われた発表会に比べて、弦楽部全体の音に厚みが出て、一段と上手くなっていた。
聴く度に「よくここまで…」と感心するが、今回はそれに感動も加わった。
家ではまともに練習しないエジソン君が、真剣に演奏している。
弦を押さえる指がなめらかに動き、大きく使えている弓が、
同じパートの子達の動かす弓と角度まで一緒にさやさやと動く。
いつもかったるそうに傾いている頭が、しゃんと正面を向いている。


コンサートが終わって体育館から出ようとしたら、
口元をゆるめたエジソン君が目を伏せて、私の目の前を、足早に通り過ぎていった。

(3につづく)

スポンサーサイト

【田丸一男さま】
お褒めいただき恐縮です。
私も息子も単純で分かり易いだけかもしれません。(笑)
無理と思っていてもやってみれば周りが動いてくれることもあるのだと驚きました。
いい結果になって良かったです。
周りの皆さんに感謝。
そして読んでコメントを下さった田丸さまにも感謝です。
【ミサブレ様】
はい! 行きました!
あきらめずに動いてみると、結果はついてくるものですね。
そうそう、外に出るとね~、爽やかな笑顔を見せてることあります。
家の中では窮屈な思いをさせなければいけないこともあるから仕方ないです。
笑顔が見れただけでもラッキーですね。
【祝】
ほんと、文章がお上手です。
目に浮かぶんですもん。
そしてお母さんの気持も手に取るようにわかる。
嬉しかっただろうな・・・演奏見てもらえた息子さん。無理してやはり行ってあげるべきでしたね。

田丸一男
【しつこくごめんなさい。】
子どもって。。。学校などお仲間の中にいると、親には決して見せない顔している事がありませんか?それも、極上の笑顔、とか。。。。
【うん!!】
silkyさんはエジソン君の演奏会に行く事ができたんですね!良かった!ビデオは成功しましたか~?!
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。