2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日小学校5年生クラスの読み聞かせに行ってきました。
15分という短い枠の中で高学年の子達が楽しめる本を選ぶのは難しく、数回「はずしちゃったナァ」という日が続いていました。

このクラスでの問題は、読み聞かせの時間に遅れてくる子達が必ず数人いること。
お話を聞いている途中にガラガラとドアを開けて入ってくるので、その度に空気が変り集中が削がれてしまって、よほど面白い本でないと最後までもたないのです。

そんなわけで、構成を変えてみることにしました。
15分フルに本を読むのは不可能と割り切り、学年にこだわらないで本を選んで…といっても今回のセレクトは他力本願でしてね。(笑)

このブログによくコメントを下さっているROKOさんは、小学校でよく読み聞かせをされていて、本の好みが私とよく似ていらっしゃいます。絵本のカテゴリーには読み聞かせをしたときの子ども達の反応も書かれていて、参考にさせて頂いていました。で今回はROKOさんのブログで紹介されていた本の中から3冊をpick up。


子ども達が揃うまでの間、『世界のなぞかけ昔話(1)どうしてかわかる?』の中から選んだ幾つかで なぞなぞ遊びを。
みんなの気持ちがこちらに向いてきて、いい感じです。

全員揃ったのを見計らって、絵本『メアリースミス』へ。
この絵本、表紙からしてインパクトがあります。
読み始めた途端「何?何してるの?」とぐんぐんお話に引き込まれる面白さ。
5,6分で読めてしまう長さも手頃。
読み終わった後に、実はこのお話の主人公は実在した人物なんだよ~と話すと、
みんな「ええっ!」と驚いていました。
昔はこういう職業も必要だったんだね~などと話しながら、
一般的な職業ではなかったけれど、自分が興味を持ったことをとことん追求して、死ぬ間際までそれを続けた人がいるんだよ、と話を運びました。

雪の写真家 ベントレー
この絵本も読んであげたかったのですが、前述の理由で読み聞かせはあきらめ、自分で手にとって読んでもらえるように、本の紹介だけしました。
「写真とかTVじゃなくて、本物の、雪の結晶を見たことある?」
とたずねたら、数人の子が「見たことない」と答えていました。
東京では仕方ないことなのかな?
少しでも興味を持って、舞い降りてくる雪をじっくり眺めてくれるといいな。

日を置いて、ベントレーの残した雪の結晶の写真集も教室に置かせて頂こうと思っています。

ROKOさん、お陰様で久しぶりに子ども達のいい反応を見られました。
ありがとうございました! またよろしくです~。(笑)
スポンサーサイト

【ROKOさま】
この度は大変お世話になり、ありがとうございました。m(_ _)m
ホント助かりました。
読み聞かせの時間は、本の組み合わせや構成によって、子ども達の“食いつき方”が変ってくるのが面白いですね。
読み聞かせた本は、もう一度読みたいと思う子もいるかしらと思い、先生のご了解を得て1,2週間教室に置かせてもらっています。これもなかなか好評なようです。
ROKOさんの読み聞かせのご様子はとても参考になるのでいつも楽しみに、じっくり読ませていただいています。
これからもよろしくお願いします。
【読みきかせ】
silkyさん、大々的に紹介いただきありがとう
ございます。ちょっと恥ずかしいですが、私の
紹介した本を、silkyさんも読み聞かせに使って
その様子を拝読できて、嬉しくおもいます。

そう、読んでいる途中に出入りがあったりすると
落ち着きがなくなってしまいますよね。
子どもたちがなぞなぞに乗ってくるようにするのも、
出題者の問いかけ次第っていう所がありますから、
silkyさんがお上手なのだと思いますよ。

「メアリースミス」と「ベントレー」の、職業つながりも
うまく興味をもってもらえたようですね。
子どもたち、きっと雪の結晶写真に驚くことでしょうね~。良い考え、私もそうしよ!
これからも、自分も楽しみながら絵本を読んでいきますので
お付き合い、よろしくおねがいしま~す。
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。