2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが家の冷蔵庫には大きめの長方形タッパーに入れたぬか床があります。私は好きなのですが、家族(特に子供達)があまり食べてくれないのでだんだん手入れを怠って、何度もぬか床をダメにしました。そしてまた食べたくなっては新しく作る、という繰り返し。
作ったばかりのぬか床は、味が馴染むまではくず野菜等を漬けては捨てる事を繰り返します。気の短い私はそれが待てずに、作りたての床に漬けたすさまじくマズイ野菜を食べたりしていました(笑)。
最初から美味しいぬか漬けを食べる方法はないかな?
ある日、ふと思い付いた事がありました。試してみると、床を作って2日目なのに漬けた野菜がなんとか食べられる味になったのです。しかも味が馴染んでくるにつれて、今迄よりも美味しいような気もします。
さて、何をしたと思いますか?
ぬか床をかき混ぜる時、レムニスカートを描くのです。
これ→です。
8を横に倒した形。

「本当?」という声が聞こえそうですが、床を持っていらっしゃる方は試しにやってみて下さい。
心を込めてかき混ぜてあげると、爽やかな良い味になりますよ。

『朝の果物は金、昼は銀、夜は銅』
と昔の方は仰いました。
ぬか漬けや生野菜、果物は【朝】に食べると、身体に必要な酵素を効率良く摂取できると言われています。
これを知ってからはぬか漬けをすすめる時、子供達に「酵素くんを食べてあげようね」と言っています。上野の科学博物館でバーバパパに似た「酵素くん」の説明を見ていた子供達にはこれが良いきっかけとなって、以前よりぬか漬けを食べてくれるようになりました。

ちなみに、お風呂に入る時も湯舟に手を入れてレムニスカートを描くと、水に力が入り、まろやかなお湯になるのだそうです。こちらもお試しください。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。