2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体質的な問題なのか、緑茶や紅茶を飲むと胃が気持ち悪くなる事が多くて苦手で、昔っからコーヒー党。
自家焙煎のお店で焙煎したての豆を買ってきては、ミルで粉にし、香り高いコーヒーを頂くのが毎日の楽しみです。
ああ幸せ。
ところがどういうわけか2年ほど前には日本茶のお店で仕事する事になり、日本茶の淹れ方を練習して毎日飲む羽目になりました。
その店はもうやめましたが、その後中国茶のお店で働く友人から、臨時のお仕事で声をかけられ、中国茶の勉強を始める事と相成りました。

趣味じゃないのに…

と、最初はどうしたらいいものか途方に暮れました。
私の貧しい記憶力で
お店のメニューにある20数種類の中国茶の名前を覚え、
(本当のところ銘柄は1000種を超えるのだとか)
中国茶の道具の名前と役割を理解し、
お客様に工夫茶を、美しい手つきと淀みない説明でお出しする
のは至難の業でございます。
当然、まだどれもまともに出来てはおりません。
お客様、お店の皆様、ごめんなさい。

しかし知らないことを覚えるのは本来好きな方なので、
お店や図書館で中国茶の本を借りてきては読んでいます。
…読んではいるけどなかなか覚えられません…

中国茶というと、“痩せる”“油を分解する”目的でマグカップからがぶ飲みするしか知らなかったので、初めて工夫茶の道具を見たときは
「ままごとみたい」
に思えたものです。
ところが、口に含んだお茶の香り高いこと!
美味しいじゃん。。。
今まで飲んだ中国茶は何だったのかとびっくりしましたです。

お茶の知識を得ようと知ると、もれなく
中国の歴史と
地理の勉強も
することになり、一石二鳥だったりして面白いです。
もっとも、なかなか頭の中に留まってくれませんが…

あとは茶器一式を手に入れられれば
自宅でも中国茶を愉しめる…かな?
スポンサーサイト

【yasukoさま】
ありがとうございます。
珈琲を豆から挽き、淹れて飲むまでの流れが寛ぐのですよね~。
なじみの豆屋さんまでお持ちとは、
yasukoさんも通ですね!
お店の方との相性ってありますし。
良いお店に出会えて良かったですね。
中国茶も質の良いものは細胞がすっきりする感じがして気持ちがいいですよ。
脳細胞もすっきりしてくれればもう少し記憶力も良くなるのでしょうか…。勉強好きでも覚えていなければ何の役にも立ちません。(涙)
【中国茶美味しそう♪】
私も珈琲が大好きなんです。
豆をひいているときのあの香りがとても好きです。
福岡に住んでいたときに買っていたお気に入りの豆屋さんからいまでも取り寄せてるほどです!
中国茶はちゃんとしたものは飲んだことがないのですが、そんなに香り高いものなんですね。
それにしてもSilkyさんは勉強家ですね!
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。