2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神奈川県相模原市にある“藤野芸術の家”に行ってきました。
陶芸、木工等の工房体験をさせてもらえるので
「つくるの大好き」
なエジソン君には天国のような場所です。
わくわくオーラを背負って出発です。

JR中央線に乗って藤野駅に着いたのは午前10時頃。
バスの来る時間を確認しようと時刻表を見たら…
…10時40分発の一本しかない。
しまった。本数少なかったんだっけ。

仕方ないのでタクシー利用。
流石にタクシーは早く、あっという間に到着しました。

子ども達はわき目も触れず地下の工房に向かい、早速「何を作ろうかな~」と目をキラキラさせて体験メニューを眺めています。
悩みに悩んでエジソン君が選んだのはカービング。
こんなに難しそうなものを作れるのかしらと思いましたが、メニューには「小学校高学年から作れます」とあります。
「僕も作る」
何でもお兄ちゃんと同じことをしたがる欽ちゃんも、カービング用のバルサ材を手にとっています。
…大丈夫かなぁ。
受付のお兄さんに相談してみたら
「普段から木工をされているのでしたら大丈夫ですよ。かえって木工をした事のないお子さんだと6年生でも難しいです」
と仰ったので、一か八か、チャレンジする事になりました。

木工コーナーではかわいいお姉さんが
「そこに並んでいる作品見本と同じで良ければ下絵がありますよ」
と声をかけてくれました。
そこでまた「どれを作ろうかな~」

エジソン君はシジュウカラを選びました。
欽ちゃんはまだ悩んでいます。
「魚にしなさい」と命令。(笑)

大まかな作り方の流れはカービングの作り方を見ていただくことにして…(他力本願)

カービングは私も初めてでしたが、バルサ材は紙のように柔らかいので切り過ぎないように注意することと、クラフトナイフの扱い方を子ども達に教え、
「あとは自分で頑張んなさい」
と自己流にまかせました。
暫くは「どうしたらいいのか分からない」と困った様子でしたが「見本を手にとって触ってごらん。どこがふんわり丸い? 角度の強いのはどこ?」とヒントを出すと、見本を慎重に触り、削ってはまた見本を手にとって確認していました。
欽ちゃんは途中で諦めかけたりもしましたが、行き詰ったところで少~し手を貸してなんとか完成。

欽ちゃんの使ったデザインはマス。
でも彩色は自分の好きなヤマメです。
エジソン君は自ら「変な色の鳥」と命名。
やけっぱちで色を塗っていたらしく、家に帰って冷静な目で改めて見て曰く
「あれ~?目の位置が変だった」

何はともあれ頑張りました、長時間の作業。
楽しくて充実した初体験でした。

すでに手遅れですがバードカービングについて帰ってから調べたところ、素敵なサイトが沢山見つかりました。中でも小学生の指導については内山春雄さんのサイトが参考になりました。作品も素晴しい!
水上清一さんのサイトでは総合的な学習の時間での様子と子ども達の作品が。
思わず「うわあ」ですよ。
スポンサーサイト

【yasukoさま】
人間の5感をフルに使うと授業はなんて面白くなるのだろうと、ヴァルドルフ学校の授業を体験したときに感じました。たかが工作…だけど、そこに様々なものが繋がりを持ち、好奇心や向学心を生んでくれると感じています。
情報も出会いですから、きっかけがあれば学校の先生方も動いて下さるのかもしれませんね。
バードカービングを総合の時間に取り入れた学校も、教えてられる一流の先生が学校の近くにお住まいだった事が関係しているようですし。
沢山の子ども達が、楽しく集中している姿を、もっともっと見たいですねぇ。
【上手ですね~!】
楽しんで作っている様子が目に浮かびます。
子供の集中している顔ってかわいいですよね。
思わず一人で微笑んでしまった不気味な私です・・・
総合の時間に取り入れてる学校もあるんですね。
学校の先生方も情報収集してうまく専門家に任せられるようになると楽しい授業になりそうなのですが。
【つばさ&すばるママさま】
ありがとうございます。
携帯カメラではこれが限度で…(笑)
色塗りでは図鑑とにらめっこをしていました。
混色が分からなくて困っていた時は相談に乗って、
絵の具の配合には少し口を出しましたが、大体自分たちで勝手に作業していました。

つばさ君やすばる君の作品もいつもいい味わいがありますよね。
子どもの手仕事って、大好きです。
【素敵!!】
作品をじっくり見させていただきました。
本当に素敵ですね!!
エジソン君も、欽ちゃんも、工作が大好きなのが良くわかります。
それに、二人とも自分達で色をつけたのかしら?
いい色に仕上がっていますね~。
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。