2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オイリュトミーは言葉や音楽を目に見えるようにする動きの芸術です】
(アンサンブル・ありす 公演チラシより)

子ども達と一緒にオイリュトミー公演に行ってきました。

J.S.バッハのシチリアーノ、グルックの妖精の踊りなどの曲に合わせたものや、
ヒマラヤのふえ―インド民話”(A.ラマチャンドラン 作)、
新美南吉の短いお話を二つ、マザーグースや“のはらうた”等、第1・2部構成で
それぞれ40分ずつの長い時間を過ごさせていただきました。

インド民話のメルヘンの不可思議。
楽曲にあわせたオイリュトミスティンの動きの美しさ。
独特の朗読で引き込まれる不思議な世界。

変な感想ですが「ああ、オイリュトミーだなぁ」としみじみ噛み締めた舞台でした。

演目の一つに、丁度今の自分の感情にひたと迫るものがあって「じん…」としてしまいました。


でんでんむしのかなしみ”(新美南吉 作)

 いっぴきの でんでんむしが ありました。
 ある ひ その でんでんむしは たいへんな ことに きが つきました。
「わたしは いままで うっかりして いたけれど わたしの せなかの 
からの なかには かなしみが いっぱい つまって いるでは ないか」
 この かなしみは どう したら よいでしょう。
 でんでんむしは おともだちの でんでんむしの ところに 
やって いきました。
「わたしは もう いきて いられません」
と その でんでんむしは おともだちに いいました。
「なんですか」
と おともだちの でんでんむしは ききました。
「わたしは なんと いう ふしあわせな ものでしょう。わたしの せなかの 
からの なかには かなしみが いっぱい つまって いるのです」
と はじめの でんでんむしが はなしました。
 すると おともだちの でんでんむしは いいました。
「あなたばかりでは ありません。わたしの せなかにも
かなしみは いっぱいです。」

 それじゃ しかたないと おもって、はじめの でんでんむしは、
べつの おともだちの ところへ いきました。
 すると その おともだちも いいました。
「あなたばかりじゃ ありません。わたしの せなかにも
かなしみは いっぱいです。」
 そこで、はじめの でんでんむしは また べつの おともだちの 
ところへ いきました。
 こうして、おともだちを じゅんじゅんに たずねて いきましたが、
どの ともだちも おなじ ことを いうので ありました。
 とうとう はじめの でんでんむしは きが つきました。
「かなしみは だれでも もって いるのだ。わたしばかりでは ないのだ。
わたしは わたしの かなしみを こらえて いかなきゃ ならない」
 そして、この でんでんむしは もう、なげくのを やめたので あります。



心に残る、舞台でした。
シュタイナー関係の講座や舞台は直接見て・聞いて・触れて初めて味わえるものが多いので、一度体験してみるのも良いかと思います。
(ちょっと変わっていると感じる方もいると思いますけれど)

そういえば、会場には随分小さなお客さんも大勢座っていましたが、
皆とても静かに落ち着いて観ているのに関心しました。
途中、ピアノに合わせて手を叩いている子もいたけれど、
とにかく楽しそうだったし、手拍子のリズム感覚なんて抜群で、
合奏しているようでかえって良かった。(笑)思いがけない楽しさでした。


オイリュトミー公演「ヒマラヤのふえ」今後の公演予定です。
●2008年1月27日(日)14時半~
 国分寺 ルドルフ・シュタイナー芸術アカデミー
     オイリュトミーザール・アウラにて
 定員30名 2000円(小学生以上)
 問い合わせ 小林(T/F)042-478-1967
●2008年2月23日(土)松戸市民劇場ホール 15時半~
 前売 大人2000円 小・中学生1500円 幼児700円
 主催:チトの会
 問い合わせ 堤(T/F)047-443-3295 高橋(T/F)047-389-7389

(文章を少し訂正しました。重複して読まれた方、御免なさい)
スポンサーサイト

【懐かしいですね…】
シューレが三鷹を去ってから、めっきりこういうイベントに参加するのは少なくなってしまいましたね。
やはり影響は大きい…。
ミサブレさんもムスメさまも、あと数ヶ月は忙しくてなかなか時間が取れないとは思いますが、気分転換に行けるといいですね。
【土日。。。。】
「ならなしとり」が懐かしいです。。。。
また、オイリュトミー公演は行きたいな~と思いつつ、実現せず、です。
今回のお知らせの日程は、ちょっと難しいかも知れませんが、なにしろニュースを有難うございました!
辛抱強く待っていれば、チャンスは巡って来ると信じつつ。
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。